第15回関数空間セミナー

北海道大学大学院理学研究科 21 世紀 COE プログラム
「特異性から見た非線形構造の数学」協賛

Contents

概要

場 所:
北海道大学理学部8号館3階セミナー室 (8-3-02)
日 時:
2006年12月23日(土)〜12月25日(月)
代表者:
山本隆範(北海学園大工),中路貴彦(北大理)
プログラム
12 月 23 日(土)
14:30-15:00 中路 貴彦(北大理)
Hyponormal Toeplitz operators and zeros of polynomials 
15:15-15:45 米田 力生(小樽商科大)
The characterizations of the composition operators on BMOA with closed range
16:00-16:30 飯田 安保(岩手医大教養),高橋 敬(岩手医大教養)
上半平面での Nevanlinna 型空間 Np (D) における等長写像について 
16:45-17:15 齋藤 三郎(群馬大工)
Inversion formulas for a linear system determined by input and response relations, by using suitable function spaces
12 月 24 日(日)
10:00-10:30 平澤 剛(東京電機大)
Sobolev 空間の complement について
10:45-11:15 高橋 眞映(山形大工),三浦 毅(山形大工),高木 啓行(信州大理)
Hyers-Ulam stability 問題 と Chaucy-Euler type factorization
11:30-12:00 高橋 泰嗣(岡山県立大情報工),加藤 幹雄(九工大工)
Some constants related with uniform non-squareness of Banach spaces
14:00-14:30 中里 博(弘前大理工)
周期的な重みを持つシフト作用素の q-数域半径
14:45-15:15 棚橋 浩太郎(東北薬科大)
Weyl の定理のある一般化
15:30-16:00 藤井 正俊(大阪教育大)
Ando-Hiai Inequality の一般化と Furuta Inequality
16:15-16:45 丁 一 峯(Il Bong Jung) (Kyungpook National Univ.)
Extremal properties for hyperinvariant subspaces
17:00-17:30 自由討論(Free Discussion)
18:00-20:00 懇親会
北海道大学ファカルティハウス「エンレイソウ」内のレストラン「エルム」
12 月 25 日(月)
10:00-10:30 山本 隆範(北海学園大工)
3 次元可換作用素環と Q-環 (II)
10:45-11:15 三浦 毅(山形大工),本間 大(新潟大自然)
C(X) 上のある種の代数方程式とその可解性
11:30-12:00 宮島 静雄(東京理大理)
Helffer-Sjöstrand の functional calculus と Banach algebra

 講演会場と懇親会場は昨年と同じです。理学部は札幌キャンパス中央部に位置しています。 関連情報について次のホームページをご覧下さい。  » http://www.welcome.city.sapporo.jp/access/inn.html
 » http://www.math.sci.hokudai.ac.jp/general/contact02.html.en (written in English)
 北海道大学大学院理学研究院数学専攻の教官居室は理学部 3 号館 4 号館と理学部 8 号館とに分かれていますので来訪時はご注意ください。
 数学事務室は理学部 3 号館 5 階にあります。
 講演会場のある理学部 8 号館は、JR 札幌駅、地下鉄南北線「さっぽろ」からは徒歩 15 分、地下鉄南北線「北 12 条」からは徒歩 9 分程度の距離です。
 » http://www.welcome.city.sapporo.jp/access/inn.html
 懇親会場は北海道大学ファカルティハウス「エンレイソウ」内のレストラン「エルム」
英訳:Trillium(Enreiso) (Restaurant Elm)
札幌市北区北 11 条西 8 丁目
TEL (011) 716--2111 内線 2394
・講演会場からは徒歩 3 分
・最寄り駅の地下鉄南北線「北 12 条」からは徒歩 6 分
・JR 札幌駅北口からは徒歩 12 分
 ご講演をいただく皆様へのお願い: 黒板、OHP、PC 用プロジェクターの機械がございます。A4 版で予稿 40 部をご用意願います。