21世紀COEプログラム : 特異性から見た非線形構造の数学

数学上の協力者をお探しの北大研究者の皆様へ

当機能としては単に文献にある式変形がわからないというタイプの質問よりも,この種の問題は数学として研究されているかまたは数学的基礎付けがあるかという質問を歓迎いたします。(単なるデータの統計処理についての質問は残念ながら受け付けられません)

一般に異分野交流では,問題の理解そのものも容易ではないことも多く,場合によっては意志の疎通のために数ヶ月どころか,数年かかってしまう例も少なくないと聞いております。したがってe-mailや,学内便のほか当専攻においで頂きつっこんだ討論をする必要があるかもしれません。いずれにしても研究に協力できる人材を紹介し,数学と諸科学のインターフェースを開拓するのが,当機能の目的です。(当専攻にご質問分野に対応できる専門家がいない場合もあります。この場合はご承諾の上,他大学の専門家を紹介する可能性もあります。それでも適任者が見つからないことがないとはいえません。そのような場合もあり得ることをご了解下さい。)

ご質問のうちのいくつかは既製の数学で対応できるかもしれません。それでも十分意義があると思いますが,いままでの数学では対応しきれない場合もかなりあるはずです。そうなると数学の発展の上でも重要になります。また最先端研究にあっては,純粋数学とよばれる応用とは一見かけはなれたようにみえる分野が大活躍する可能性もしばしばあります。

いずれにしても,うまくいくと新分野の創設難問の解決につながるはずです。世界に向けて,独創的な研究をともに発信していきましょう。総合大学である北大の長所をいかし,数学を媒体とした日常的な学術交流を進めていきたいと思います。どうか気楽にe-mailをお送り下さい。

21世紀COEプログラム : 特異性から見た非線形構造の数学