21世紀COEプログラム : 特異性から見た非線形構造の数学

Kuramoto's office hour (蔵本アワー)

京大名誉教授 (物理学) の蔵本由紀先生がCOEの特任教授として2004年4月より北大数学専攻に滞在されています。

蔵本先生は Kuramoto・Sivashinsky 方程式を始め物理現象の本質を記述する様々な方程式を導くなど非平衡・非線形現象の数理分野の世界的権威です。現在も好奇心旺盛で皆様の研究されている最近の数学にとても興味を持っていらっしゃいます。

そこで毎週木曜日、金曜日の2日間16:00〜17:00の間皆様が自由に先生と話しが出来る時間を作りました。

先生とお話しされたい方はどうかこの時間に先生の研究室 (4-502A) を訪れて下さい。

先生は物理出身ですので、数学の技術的なことよりも背景等を主に説明されると良いと思います。

なお「蔵本レクチャーシリーズ」開催時は,Kuramoto's office hourと併催になります。

最近の著書:「SYNC
出版元: 早川書房
ISBN: 4-15-208626-2
著者:
スティーヴン・ストロガッツ 著
蔵本 由紀 監修
長尾 力 訳
内容説明はこちら

その他の著書:
「Chemical Oscillations, Waves, and Turbulence」
「散逸構造とカオス」(共著)
「ミクロとマクロをつなぐ--熱・統計力学の考え方」
「新しい自然学—非線形科学の可能性」
など
先端研究機能代表 : 津田 一郎

北海道大学構内案内図


[北海道大学構内]


[理学部の建物構成図]
21世紀COEプログラム : 特異性から見た非線形構造の数学